より良い看護経験にするために

理想の看護師を目指そう

看護経験をより良いものにする方法とは

より良い看護経験にするために

看護師になったからには、より良い看護を考えていきたいものです。では、より良い看護とはどういったものでしょうか。それは患者さんが治療に専念できる環境作りをする事だと思います。その環境作りに必要な事は、看護師ひとりひとりの看護技術や知識に加え、人としてレベルアップする事ではないでしょうか。その為、看護師は常に高いスキルを身につけ、キャリアアップする事も必要です。より良い看護を目指す為にどのようなスキルアップ方法があるか、どんな知識が必要になるか知っておきましょう。

看護師の頂点「師長」に

看護師は常に経験を積み、高いスキルを求められる仕事です。その為、キャリアアップも求められます。看護師のトップは師長です。師長には高いレベルの知識や経験、冷静な判断力が求められます。師長の仕事は看護師組織をまとめ、管理する事です。ですから常に目標を立て、看護師の士気を高めて行く事を求められますし、看護師組織をまとめる事は病院全体を良くする働きとなりますので責任も重大です。最終的に師長になる事を目指している看護師は、是非こちらの記事を参考にしてください。

詳細を見る

信頼関係を築くための会話術

患者さんと看護師の信頼関係は日々の会話から生まれます。ちょっとしたテクニックで患者さんとの会話がスムーズにいきます。患者さんは常に不安と不満を抱えていますので、その思いを理解するのも看護師の役目です。患者さんへ言葉を返してあげたり、話すペースを合わせるだけで相手は自分の話を理解してくれていると安心してくれますし、その安心は信頼へと繋がります。もし、現在患者さんとのコミュニケーションが上手く取れていないなら、ここで紹介する会話術を身につけてみると良いでしょう。

詳細を見る

実習での出会いから

私の知り合いのA子さんは、親の強い勧めで全く看護師に興味が持てないまま看護学校へ進学します。彼女が本当に看護師になろうと決心したのは看護実習に入った時でした。それまで全く看護師に興味のなかった彼女を変えた看護実習とはどのようなものだったのでしょうか。実際の現場で患者さんの為に一生懸命に動く看護師の姿や、患者さんからの感謝の言葉が彼女のイメージを大きく変えたようです。看護師の仕事に自分は向いていないと考える方にもぜひ読んで欲しい内容です。

詳細を見る

あなたにおすすめ情報