より良い看護経験にするために

理想の看護師を目指そう

より高い看護経験を積んで師長を目指そう

看護師の頂点「師長」に

医師のサポートを行う看護師を組織化して管理するのが師長です。看護師としてのキャリアを積んで出世を目指すならトップリーダーの師長を目指しましょう。ここでは師長としての役割や、役割を担う為には何が必要か紹介します。

看護師の頂点「師長」に

目標立てや定期的な見直しをする

どの仕事でも、組織を改善するには業務の定期的な見直しや、目標を決める事が必要です。一般企業であれば、組織の長である部長が組織の管理に努めますが、看護師の世界は師長が組織管理を行います。師長は定期的に看護師組織を見直し、組織全体のレベルアップを図り士気を高めていきます。また、定期的に看護師組織が目指すべき方針や目標を作り、それを元にして教育していくのです。

看護師のトップとして率先する

看護の仕事で迷った時に、的確な指示やアドバイスをくれる人がいると安心です。師長はそのような役目もあります。医療現場では予測不可能な事態が起こる可能性があります。そんな時は師長が率先して的確な指示を出します。トップリーダーとして大切な役割を担っているのが師長であり、大きな病院になればより高いリーダー性が求められるでしょう。

冷静な判断力が必要

師長は緊急事態に対して冷静な判断力を求められます。病院内で緊急事態が発生した場合、多くの患者さんや看護師はパニックになるでしょうが、そんな状況でも冷静に判断して適切な指示を出さなければいけないのが師長の役目です。組織を束ねる事ができない師長であれば、組織は機能しなくなります。いついかなる時も冷静な判断力を持ち対処できる事で、部下から信頼を得る事ができるのです。

求められる経験値

師長は部下である看護師から色々な質問や相談を受けます。そんな質問や悩みに対応する事ができなければ師長は務まりません。部下の看護師が困っているのに助けられないのであれば、師長の役割は果たせていません。なので、師長は豊富な経験と知識が必要となります。

師長になる為に

以上、師長の役割や必要な能力を紹介しました。師長は組織をまとめ、部下である看護師達がレベルの高い看護を行えるよう日々奮闘しなければいけません。それが病院全体をレベルアップさせますし、何より怪我や病気で苦しむ患者さんの為になるのです。決して楽な仕事ではありませんが、看護師のトップを目指すなら最終地点は師長となります。今からコツコツと経験を重ねてキャリアアップをして、師長を目指してみてはいかがでしょうか。
師長を目指す看護師は、看護マネジメントなどを学べる研修に参加するのも良いでしょう。その場合、高知県看護協会が主催する看護管理者支援研修の活用がおすすめです。

  • http://www.kochi-kangokyokai.or.jp/
  • 続きはこちらから
  • 公益社団法人の高知県看護協会では、ミドルマネージャー研修として看護マネジメントを学ぶ事ができます。

あなたにおすすめ情報