より良い看護経験にするために

理想の看護師を目指そう

看護の成長を更に高める方法

さらなる成長を目指して

さらなる成長を目指して

中堅の看護師ともなれば、求められるスキルも高くなってきます。患者さんとのコミュニケーション能力や新人教育・指導など、スキルアップする上で避けて通れない事が出てきます。ですので、会話術や指導法を身につけ、しっかりとスキルを積めるようにしておきましょう。患者さんとの日常会話はコミュニケーションをとる為に必要ですが、患者さんのちょっとした変化に気がつく為にも必要となります。また、看護指導は新人から転職者まで色々なレベルの人がいますので、指導計画をしっかり立てて挑む事が必要です。

  • 信頼関係を築くための会話術

    信頼関係を築くための会話術

    看護師と患者さんは信頼関係を築かないといけません。信頼関係が無ければ円滑な治療を行う事が難しくなりますし、クレームとなる場合もあります。ですので、毎日の会話に気を配る必要があります。ちょっとした会話術を使えば患者さんとの会話がスムーズになります。会話で大切なのは患者さんが何を伝えたいのかを知る事ですし、患者さんの言葉をオウム返しする事で安心を与える事ができます。患者さんは常に不安や不満を持っていますので、言いたい事をくみ取ってあげると信頼関係が築きやすくなります。

    詳細はこちら
  • ロジカルシンキングで説明上手

    ロジカルシンキングで説明上手

    ロジカルシンキングには4つの思考が必要です。計画を立てる際に必要な仮説思考やゼロベース思考、フレームワーク思考やポジティブ思考は、教育担当者や看護計画を立てる役職者には必要不可欠な思考です。この思考は全て科学的に答えが出るものとは違い、100%正解を求めるものではありません。あくまでも仮説を立て、今までの経験やシステムを無視したゼロベースでの考え方を重視しています。この思考を使えば、意外な答えが見つかったり予想を超えた発見ができる可能性が高いのです。

    詳細はこちら
  • 教育担当としての考え方を理解

    教育担当としての考え方を理解

    中堅看護師となれば教育担当の役目が回ってくる頃でもあります。指導は新人から転職者、部署移動してきた人までそれぞれ違った指導を行わなければいけません。特に新人は真っ白いキャンパスなようなもので、指導者がそのキャンパスに何を書くかでその新人の将来がある程度決まってしまいます。責任重大な役目ではありますが、教育する側から逃げていては自分の成長が止まってしまいます。指導を受ける側も指導する側も、共に成長できると考えて教育担当を引き受けていきましょう。

    詳細はこちら

あなたにおすすめ情報