より良い看護経験にするために

理想の看護師を目指そう

より良い看護の為に今一度見つめ直す

「看護師」を見つめ直す

「看護師」を見つめ直す

より良い看護経験を積んでいく為に、今一度「看護師」について見つめ直す事が大切です。看護師を目指したきっかけや、看護について学ぶ中でどのような発見があり今に至るのか、ここでは私の知人であるA子さんの話を紹介しますので参考にしてください。また、看護師には医師にはできない役割が存在します。患者さんと密に接するからこそできるコミュニケーションは、治療を進めて行く上でも非常に大事な部分となってきますので、自覚してしっかりと取り組むようにしましょう。

  • 実習での出会いから

    実習での出会いから

    看護師のA子さんは看護師に魅力を持てないまま看護学校へ行く事になりました。看護学校に通っていても看護師に興味が持てない日々を送っていたそうです。しかし、看護実習で実際の看護師の働きぶりをみたA子さんは、看護師のイメージがガラリと変わる事となります。彼女の思っていた看護師は医師の雑用係というイメージでしかなかったのですが、真剣に患者さんの事を考え、医師にも意見する看護師の姿に心打たれたようです。看護実習の時に患者さんにもらった「ありがとう」という言葉もまた転機となったようです。

    詳細はこちら
  • 医師ではできないコミュニケーション

    医師ではできないコミュニケーション

    医師は治療に専念する為、患者さんとのコミュニケーションがあまり取れないのが現状です。そんな時に医師からも重宝されるのが、看護師の洞察力と情報収集力です。医師には打ち明けない患者さんの本音を聞けるのも、患者さんにいつも寄り添う看護師だからこそです。医師には真似できない看護師のコミュニケーション能力は、治療を円滑に進める上で必要不可欠です。医師は患者さんの病に寄り添うものとするなら、看護師は心に寄り添うものと言えるのでしょう。

    詳細はこちら

あなたにおすすめ情報