より良い看護経験にするために

理想の看護師を目指そう

看護経験が活きるコミュニケーション能力

医師ではできないコミュニケーション

コミュニケーションは大事です!と教えるのが医療現場です。第一線で働く看護師は患者さんとのコミュニケーションが必須です。また、看護師だからこそとれるコミュニケーションがあります。その内容をしっかり知っておきましょう。

医師ではできないコミュニケーション

コミュニケーションは医療現場を救う

患者さんは医師には本心を明かさない事があります。医師に対して「怖い」、「上から目線で嫌だ」、「治療方針に逆らったら治療してくれないかも」と色々感じてしまうようです。その為、医師に対しては言葉が少なくなる患者さんが意外と多いのです。また、医師が1人の患者さんと接する時間が少ないのも事実です。医師は外来や手術、その他の業務で看護師とは違う多忙さがあります。その為、患者さんは医師より長い時間そばにいてくれる看護師の方が話しやすかったり、本心を打ち明けやすかったりするようです。そんな患者さんはこっそりと本音を漏らす事が多く、「さっき先生には言えなかったけど、治療方針に納得がいかない」とか「回診で言いそびれたけど○○が昨日から痛い」などと大切な事を言えずに看護師に打ち明けてくる事も多いのです。
以前、病気の検査の為に入院した患者さんへ医師から「この機会に他の検査も行いましょう」と言われ、患者さんも同意しましたが、後に私に「検査を受ける度に気持ちが落ち込む」と打ち明けてきたのです。理由を聞いてみると、「本当は問題のある部分だけ看て欲しかったけど、先生も一生懸命して下さるので…言えなかった」と漏らしました。その患者さんは医師に気遣いしていたようです。その後医師にその旨を伝え相談し、患者さんの気持ちをくみ取りながら検査を行う事になりました。このように、医療現場では患者さんが本心を切り出せずにいる事が多く、余計な悩みとして抱える事があります。その他、患者さんの心に寄り添える看護師の役割は、患者さんと医師の橋渡し役とも言えますし、医療現場で重要な部分を担っていると言えます。

看護師ならではの洞察力と情報収集力

医師は多忙を極める為、どうしても1人の患者さんに時間をかけて向き合うのが難しくなりますので、上記のような訴えを患者さんから聞き出せない事が多くなります。医師が行う投薬や治療方針が必ずしも患者さんにとって最善とは限りません。その為、日々患者さんに接する担当看護師の洞察力と情報収集力で再度治療方針を見直す事もあるようです。

医師ではできない事

しかし、患者さんがどんなに治療を嫌がっても、その治療を行わないと命に関わる危険性もあります。医師がどんなに説得しても半ば意地になって治療を拒否する患者さんがいる場合、物腰のやわらかい看護師やベテラン看護師の出番となります。患者さんが納得できるように優しく話したり、患者さんが納得するまで話しにつき合ったりする場面もあるようです。看護師は常に患者さんに寄り添うと同時に、治療を円滑に進められるようにする役目も担っています。声掛けひとつで患者さんやその周囲の雰囲気が明るくなったり、患者さんが安心してくれる環境作りは看護師しかできませんし、とても大切な事です。医師は怪我や病気を治す事に専念すべきです。その為、患者さんの心のケアは不十分になりがちです。その時に必要なのが看護師の存在であり、病に寄り添うのが医師であるなら、心に寄り添うのが看護師と言えるのではないでしょうか。

あなたにおすすめ情報